トップページ|無添加住宅
 

無添加住宅


 

 

無添加住宅


有機物である木などの植物は、虫や菌などの外敵から自分の身を守るため、天然の毒を持っています。これは構造材には最適ですが、健康な人にとっては害がなくても、シックハウスや化学物質過敏症の人にはなんらかの影響が出るかもしれません。
一方無機物は生命活動に関わっていなため、毒をもつ必要がなく、重金属や放射物質を除けば、人間には無害です。
無添加住宅で使用する漆喰は、無機物である消石灰に麻スサやのりなどを混ぜたもので、自然の内壁・外壁材です。
漆喰の特徴
調湿性能: 結露しない。微細な多孔質の素材であるため、優れた吸湿・放射せいがあります。空間の湿度を適度に調節することで結露を防止し、建物の耐久性を維持します。
耐火性能: 火に強い。建築基準法第2条第9号基準に適合。 ほとんど無機の不燃性の素材で構成された防火材です。化学建材のようにダイオキシンなどの有害ガスが発生することもありません。昔の城や蔵が漆喰で塗られていたのも、漆喰が火に強いからなのです。
抗菌性能: カビ・ダニに強い。漆喰は強アルカリ性のため、有機物を分解する殺菌機能があります。主成分の消石灰の作用により、細菌の生育・増殖を抑え、カビやダニの発生を防止します。
安全性能: 高い安全性。シックハウス症候群の原因で一つであるホルムアルデヒドやVOC発揮性有機物(トルエン、キシレン等)を放出することはありません。また、固まった漆喰の成分は炭酸カルシウムなので人にとって最も親和性のある、食べられるくらい安全な物質と言えます。
防汚性能: 汚れが付きにくい。漆喰の成分の炭酸カルシウムは静電気を溜めない安定した物質といわれています。その為、ほこり等が付きにくいので、汚れずその白さを長期に保てます。
意匠性能: 感じがいい、白い輝きと質感。漆喰壁には独特の風合いと質感があります。経年変化しても、いつまでも飽きのこない外観やインテリアを演出します。

漆喰の使用例



オリジナル漆喰の特徴
無添加住宅の『オリジナル漆喰』は、良質で白度の高い高知産の石灰岩を使用し、化学物質を使用せず、独自の改良を加えた、耐久性・安全性・意匠性も抜群の画期的な漆喰です。また、施工性も向上。誰もが簡単に施工でき、その仕上がりはまるで職人技の美しさです。


 

コーヨーハウジング 三つのお約束 1.お客様の納得に徹します。問診を繰り返し隠れた不満を見つけて解決策を提案する。2.正直価格のご提案。意図的に安い値段を提示して、追加で値段を上げる提案はは致しません。3.お客様を追いかけません。安心してお問合せください。誠実と笑顔で対応いたします。








RSS配信はここをクリック。